フリーターが語る新潟の魅力

新潟の自慢は海の幸!

新潟でアルバイト暮らしをするフリーターが、新潟の魅力を語るサイトです。

自慢の海の幸

自慢の海の幸

わが町、新潟は食の宝庫!日本海に面しているので新鮮な海の幸に恵まれています。スーパーの鮮魚売り場には季節ごとに旬の海の幸が並びますし、素材そのものが新鮮で美味しいので、特別なお店に行かなくても十分に美味しい料理にありつけます。冬は新潟の魚がもっともおいしい季節です。冬の新潟に来たらぜひ食べてほしい、自慢の魚介類を紹介します。

ぷりっぷりの南蛮エビ

その鮮やかな赤い色を赤唐辛子(南蛮)に見立てて名づけられた南蛮エビ。冬の寒い季節になると赤色がより鮮やかになります。新潟沿岸の海には山の栄養分が川にのって流れてくるため、南蛮エビが育ちやすい環境です。新潟の市場に出回っている南蛮エビは、佐渡の籠漁で漁獲されたものと新潟港の底引き漁で獲ったものの2種類がメインです。特に佐渡の南蛮エビは、市場でセリが行われているときにもまだピチピチと跳ねているぐらいに新鮮!9月から5月が漁期で、もっともおいしい旬の時期が冬にあたります。おいしい南蛮エビを選ぶポイントは、透明感があって赤色が鮮やかなことです。
南蛮エビのおすすめの食べ方はというと、刺身はもちろん、焼いても揚げてもエビの甘味と香りが最高。刺身で食べるときは獲れてすぐよりも1日おいたものの方が甘味が増します。
新潟に来たらぜひ食べてみてくださいね。とろっと濃厚な甘さは感動モノです。えびしんじょうも、南蛮エビを美味しく食べる料理の代表。新潟のお店のあちこちで出されていますので食べ比べてお気に入りの味を見つけるのも楽しいですよ。

新潟といえばヤナギガレイ

新潟の海には信濃川や阿賀野川などの大きな川が流れこむため、カレイ類が棲みやすい砂場ができています。様々な種類のカレイがある中でも、最高峰といわれるのが「ヤナギガレイ」。柳の葉のような形の外観からヤナギガレイと名づけられたそうです。ヤナギガレイはその上品で繊細な味わいから、カレイの女王と呼ばれたりもしています。このヤナギガレイも10月から12月の寒くなる時期が産卵期前にあたるため身が肥ってもっとも美味しい時期にあたります。
ヤナギガレイの特徴である繊細でやさしくクセのない味わいを楽しむなら、やはり刺身や握りが一番ですが、塩焼きや一夜干しの焼き物も、身のふっくら感を堪能できて美味しいのでおすすめです。

脂がのった佐渡寒ブリ

日本海は天然のブリが回遊しています。ブリは夏の間に北海道の海でイワシやサンマなどを食べながらたっぷりと栄養をつけて、水温が下がるにつれて南下してきます。佐渡の両津湾を通るのが11月から12月頃。冬は荒れることが多い日本海ですが、佐渡の両津湾は大佐渡山脈に守られているため大型の定置網を仕掛けることができます。その網で獲れるのが佐渡寒ブリで、日本でブリのシーズン最初の寒ブリであることから「佐渡一番寒ブリ」と呼ばれます。ちょうど良い感じに脂がのった天然ブリは高級品として高値で取引されています。
ブリも、南蛮エビやヤナギガレイと同じく、刺身や寿司が最高です。カマやガラはブリ大根や煮つけにして食べるのがおすすめです。